新マネージャーが就任しました
B.B.BASE君津で行く 鹿野山・東京湾ライド(JR東日本君津駅企画)

スロベニアオリンピック委員会と我孫子市、事前キャンプ覚書締結式

我孫子市がスロベニア選手団受け入れを表明、5月24日我孫子市役所でスロベニアオリンピック委員会側からペトリッチ駐日大使が出席され、事前キャンプ覚書締結式が行われました。

我孫子市は「柔道の父」嘉納治五郎ゆかりの地です。スポーツコンシェルジュでは今年に入り、スロベニアオリンピック委員会より事前キャンプ受け入れを打診され、「柔道の父」嘉納治五郎ゆかりの地である我孫子市を推薦し調整してきました。記念品贈呈式では大使から市長にROGASKAのミニボールが、市長からは我孫子市のマスコットキャラクター「手賀沼のうなきちさん」が贈呈されました。

 

スロベニア我孫子市覚書締結式

 

オリパラ事前キャンプが次々にキャンセルされる中、覚書締結式には多くの報道陣が集まり、双方に質問が寄せられました。その中で星野市長が「オリンピック選手を目の前にして子供たちに努力する大切さを学んでほしい」とオリンピックへの期待を述べられ、ペトリッチ大使は「日本とスロベニアには共通点が3つある。それは、屋内では靴を脱ぐこと、蕎麦を食べること、そして美しい自然。」と、オリンピック後の我孫子市との交流を楽しみにされている様子が伝わってきました。その後、大使は嘉納治五郎の銅像や選手たちがトレーニングする我孫子市民体育館を視察されました。